就職活動

WEB面接の企業も多いです

どんどん増えているWeb面接

社会情勢の変化もあり、最近ではどんどんとWeb面接を取り入れる企業が増えています。
初めてWeb面接を受ける際には、対面での面接と勝手が違うことから緊張してしまうものです。

これから採用試験を受ける人は確実にWeb面接を受ける可能性が高くなります。
そこでWeb面接がどのようなものなのか、一般的な対面での面接とはどのような点が異なるのか事前に確認しておきましょう。

Web面接と対面での面接の違い

Web面接と対面での面接ではどちらも質問されることや、返答方法、気を付けるべき点は共通しています。
そのため面接のために準備する返答内容や、服装や髪型のチェックポイント、言葉遣いといったことは従来と同じで問題ありません。

唯一気を付けなければならないのはタイムラグです。
Web面接の場合には映像と音声にタイムラグが生じてしまうことがあります。
タイムラグが発生すると自分の伝えたいことが正確に届かなかったり、相手と言葉が重なったりする可能性があるので気を付けましょう。

意外と視覚情報というのは相手の印象に残りますし、減点ポイントとなります。
タイムラグで音声が途絶えたときのためにも、Web面接で対面よりも相手に自分の表情や動きが伝わりにくくなることも意識して表情やボディランゲージは少し大きめを意識すると効果的です。

Web面接で合格するためのコツ

Web面接は対面の面接とは異なる点がいくつかあります。
そこで事前準備で気を付けるべき点があり、きちんと行っておくと採用に効果的です。

まずは撮影環境をきちんと選ぶようにしましょう。
面接中に周囲が騒がしいとお互いに集中できなくなりますし、伝えたいことがきちんと伝わりません。
そこで自宅でも落ち着いて話せる環境を整え、家族が自宅にいる場合には協力してもらうようにしましょう。

また、Wi-Fi環境も安定していないと途中で途切れる心配があります。
電波状況が良く無い場合には有線LANにつないでおくと安心です。

自分が写る画面にも気を付けるようにしましょう。
背景は無地の壁やシンプルなカーテンがある場所にして、ポスターや装飾品がある場合には外したり隠したりするようにすると、面接官も話に集中しやすいです。

きちんと準備をしておいても面接の時間になってお互いに連絡が取れなかったり、面接中に突然途切れてしまったりすることもあります。
そこで何か起きたときにすぐに対応できるよう、緊急時の連絡方法は控えておきましょう。

Web面接の場合には手元に資料やカンペを用意しておいても相手に気付かれません。
とはいえずっと資料を見ていたり、棒読みになったりしていると気付かれてしまいます。
相手に見えない場所や面接官を見ながら自然と見ることのできる場所を事前に確認して設置しておくと話しやすいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です