就職活動

経営コンサルタントについて調べてみた

経営コンサルタントはどのような仕事か

最近では様々な場面でコンサルタントとかコンサルティングという言葉を耳にします。
一般的に経営コンサルタントというのは様々な企業の経営の課題を明らかにして解決のための助言をする仕事です。
ひとことで説明すると、クライアントを設けさせるアドバイスをする人のことといえます。

経営コンサルティングをする人は自社の製品やサービスを販売したり提供したりするわけではありません。
コンサルティングが商品となります。
課題を明らかにしたり、解決するためのサポートをしたりすることで報酬を得ています。

経営コンサルタントになるには

経営コンサルタントになるには明確な資格はありません。
そのため誰でも経営コンサルタントと名乗れば経営コンサルタントになることができますし、経営コンサルタントの仕事に就くことができます。

しかし、企業としても資格や経験がない人に簡単に仕事を任せることはできません。
そのため依頼したい業務や会社の業種などについての専門知識や分析力、プレゼン能力といったものが求められます。

企業がコンサルタントに求める知識や経験は幅広いです。
そのためほとんどの人が新卒段階ではコンサルタントとして働くことができません。
新卒で採用される人は一流大学や大学院を卒業していたり、MBAを取得していたりといったキャリアが求められることがほとんどです。

経営コンサルタントになるために求められるもの

経営コンサルタントになるために必要な資格はありません。
しかし持っていると優遇される資格はいくつかあります。

そのような資格の一つが中小企業診断士です。
中小企業診断士は独立開業するのに必要とされる資格であり、コンサルタントに必須のものではありません。
他にも経営士や社労士、弁護士、会計士といった資格を持っていると専門的な知識を有している証明となり、企業からもコンサルタントとして信頼されやすくなります。

資格だけでなくスキルも求められるものがいくつかあります。
まずは論理的思考能力です。
コンサルタントにとってクライアントの企業の課題解決をするためには論理的に考えられるかどうかはとても大切になってきます。

論理的思考能力は勉強すれば伸ばすことが可能です。
ワークショップも開催されることが増えていますし、トレーニングのための教材も販売されています。
コンサルティング会社の採用試験や面接の中では必ず論理的思考能力を問う試験が行われるので対策をしておくようにしましょう。

同じくらい重要視されるのがコミュニケーション能力です。
クライアントから信頼を得るため、相談しやすい関係性を作るために必要になります。

多くの現場では企業のプロジェクトメンバーと共に課題解決を図るので、メンバーとの意思疎通をしていくためにもコミュニケーション能力は必要です。
コミュニケーション能力についてもトレーニングで身に付けていくことができるので、学ぶ機会を設けるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です